恋愛お悩みブログ

探偵の不倫調査は裁判で使える?離婚慰謝料と探偵費用を請求する方法

不倫している配偶者と離婚したいとき、探偵の不倫調査は証拠として有効なのでしょうか。探偵の調査費用は高いので、できれば裁判で調査費用まで損害賠償請求したいですよね。

今回は、探偵の調査結果が離婚するときに使えるかどうかについて解説します。調査費用についても解説していくので、離婚したいと考えている方は最後まで読んで参考にしてみてください。

探偵の調査結果は離婚するときに使える?

探偵に不倫調査を依頼した時、調査結果は離婚するときに使用できるのでしょうか。配偶者が離婚に応じず調停や離婚になったとき、調査結果が有利に使用できるのであれば、高額な探偵費用を支払う価値がありますよね。

実は、調査結果が調停や裁判で使用できるかどうかは、探偵の調査スキルによります。調査結果の質が高ければ、そのまま裁判の資料として提出することが可能です。

しかし、調査結果の質が低いと、不倫の証拠として認められない場合も少なくありません。では、どのような調査結果が離婚調停や裁判で使用できるのか解説します。

「不貞行為の証拠」があれば裁判で有利になる

民法で定められる離婚原因に「不貞行為」とあります。「不貞行為」とは配偶者以外の異性と肉体関係を持つことです。

  • ラブホテルに入って数時間出てこない
  • 不倫相手の自宅に複数回出入り、滞在している
  • 風俗で複数回性交渉を持つ
  • 配偶者と異性が裸でベッドに入っている写真
  • 上記のような証拠写真や映像などが入手できれば、離婚の原因として認められる可能性が高いです。第三者が見ても「肉体関係があった」と分かるような、決定的な証拠であることが必要になります。

    また、不貞行為の証拠資料として使用するためには配偶者と不倫相手の顔が鮮明に映っている写真や映像が必要です。不倫は夜間に行われることが多いため、顔を鮮明に撮影するために探偵は特殊機材や撮影技術が求められます。

    不倫相手からも慰謝料や示談金が受け取れる

    探偵の不倫調査では、不倫相手のことまで調べることができるため、不倫相手からも慰謝料を請求できます。不倫相手から慰謝料請求ができるのは、以下のような状況です。

  • 既婚者であると知りながら肉体関係を持った
  • 不倫により円満だった夫婦関係が破綻した
  • 肉体関係はなくとも、夫婦関係が破綻するほど親密な交際があった
  • 不倫相手に慰謝料請求する際、内容証明郵便を郵送するために住所や名前が必要になります。しかし、配偶者が教えてくれなかったり、配偶者も正しい名前や住所を知らなかったりする場合は、慰謝料請求権を持っていても権利を行使できません。探偵に調査を依頼すれば不倫相手の情報まで細かく入手できるので、離婚目的の探偵利用は有効です。

    ただし、以下のような状況の場合は、不倫相手に慰謝料請求できません。

  • 不倫相手は既婚者だと知らなかった
  • SNS等で知り合い素性を知らなかった
  • 肉体関係が強姦や脅迫によるものだった
  • 夫婦関係がもともと破綻していた
  • 不倫が判明する前から別居していた
  • 時効が成立している
  • すでに十分な慰謝料を受け取っている
  • 上記のように、必ず不倫相手から慰謝料を受け取れるわけではないことを認識しておく必要があります。どのような状況か分からない場合は、まずは探偵に調査を依頼してみてください。調査結果をもとに、最良の判断を下しましょう。

    証拠が不十分だと裁判で使えない場合がある

    悪質な探偵であったり、知識やスキルがない探偵にあたると、調査結果が不十分である場合があります。以下のような調査結果であれば、離婚調停や裁判で利用できません。

  • デートしている写真・動画
  • 腕を組んでいる写真・動画
  • 不貞行為の証拠が認められないLINEのやりとり
  • 証拠写真が不鮮明
  • GPSの記録だけ
  • 数枚の写真のみで行動記録がない
  • 探偵社の中には、残念ながら悪質な業者が多く存在します。高額な費用を請求しておきながら、調査の質が低く証拠としての効力を持たない結果を渡してくることもありますので、探偵選びの際は十分な注意が必要です。

    悪質な業者に当たらないためには、事前に複数の業者と面談して見積書を出してもらい、比較検討してから決めると良いでしょう。「探偵業届出証明書」の掲載有無や、調査報告書のサンプルなども見せてもらうことで、良い業者かどうか判断できます。目先の安さだけにとらわれず、きちんと運営されている探偵社を選ぶようにしてください。

    探偵の調査費用は離婚するときに請求できる?

    探偵の調査費用は、決して安くありません。不倫の調査をするために必要なお金なのですから、不倫した張本人から調査費用を請求したいですよね。

    過去の実例では、探偵の調査費用の損害賠償が成立したケースは多数あります。しかし、損害賠償するにはいくつか条件があり、全額取り戻せるかどうかは状況次第です。では。探偵の調査費用を配偶者に損害賠償請求する方法について解説します。

    探偵の調査費用を損害賠償請求できるケース

    探偵による不倫調査費用は、状況によって損害賠償請求が認められます。損害賠償として認められるのは、以下のようなケースです。

  • 探偵に依頼しないと不倫の証拠が掴めなかった
  • 配偶者が不倫を認めない
  • 配偶者が完璧に隠蔽している
  • DVやモラハラを受けている
  • 探偵に調査を依頼する必要があることを認められれば、損害賠償請求が成立します。

    ただし配偶者が不倫を認めていたり、探偵を雇わなくても不倫の証拠が掴める状況だったりする場合は、調査費用の損害賠償請求は認められません。調査費用を取り戻すためには、探偵による調査が必要不可欠であったことを証明する必要があります。

    探偵の調査費用を損害賠償請求できる金額

    探偵の調査費用を損害賠償として請求できる金額は、10万円~100万が相場。全額を取り戻せることはほとんどなく、100万円請求できた判例もありますが稀なケースです。

    不倫調査の相場は30万円~50万円程度であり、支払い金額は相場をもとに決められます。そのため、現実的に損害賠償請求できる金額は10万円~30万円程度であると考えるのが妥当です。

    不倫調査のために高額な費用をかけると、1割程度しか取り戻せず赤字になる可能性が高くなります。ある程度の証拠が集まった時点で、不倫調査を終了するのが賢明です。

    離婚しなくても調査費用を請求できる?

    配偶者の不倫が発覚しても離婚しないと決断した場合、離婚する場合に比べて慰謝料は低めです。探偵の調査費用も損害賠償請求できる可能性はありますが、取り戻せても少額でしょう。

    離婚しないと決めているなら、探偵にかける費用は10万円~30万円程度に抑えておくのが賢明です。調査費用を取り戻したい場合は、裁判所を介さず、不倫相手に示談金を請求した方がいい場合もあります。

    離婚目的で探偵に不倫調査を依頼する費用

    離婚目的で探偵に不倫調査を依頼する際、どれくらい費用が掛かるのでしょうか。離婚した後の生活費のことも考えなければならないので、そこまで高額な費用は支払えないですよね。

    ここでは、不倫調査の費用相場や料金制度の選び方を紹介します。安く不倫調査を依頼する方法についても解説していくので、参考にしてみてください。

    不倫調査の相場は10万円~100万円

    探偵による不倫調査の相場は、10万円~100万円です。調査にかかる時間や日数により、費用が変動します。不倫調査にかかる費用の内訳は、以下の通りです。

  • 探偵の人数
  • 調査にかかる時間
  • 諸経費(車両費、機材費等)
  • 調査報告書の作成手数料
  • 基本料金
  • 不倫調査は、基本的に2~3人の探偵チームにより行われます。探偵1名あたりの調査料金は、5000円~10000円が相場です。2名の探偵が調査に当たれば1時間1万円~2万円、5時間調査すれば人件費だけでも5万円~10万円かかります。

    人件費の他に車両費や交通費、機材費や宿泊費等が加算されるため、1日だけの調査でも10万円~20万円。不倫調査にかかる平均日数は3日~5日といわれているため、高くても100万円までが平均的な費用相場です。

    不倫調査の料金制度

    ほとんどの探偵社では「時間料金制」「パック料金制」「成果報酬制」という料金制度を採用しています。調査にかかkる日数や、調査の難易度によってお得な料金制度は異なるため、自分の状況に合ったプランを選択することが大切です。

    時間料金制

    時間料金制は、調査にかかるに時間によって料金が加算されていくシステム。大抵は1時間単位で料金が設定されており、最低契約時間が3~4時間などと決められています。

    明朗会計になるのがメリット。調査にかかる時間が少なければ、最もお得なプランといえます。配偶者のスマホなどをチェックして、不倫相手と会う日時が分かるような状況であれば、時間料金制がお勧めです。

    パック料金制

    パック料金制は「20時間プラン(30万円)」「5日プラン(70万円)」など、調査時間と費用を事前に決めてしまうプランのこと。パック料金のなかに諸経費や車両費、機材費などの必要な金額がすべて入っているため、後日に追加料金を請求される心配がありません。

    調査が長引けば長引くほど、1時間あたりの金額が割安になるプラン。「不倫してるのは確実だけど詳しく分からない」「経営者や自由業で、日中も不倫している可能性がある」など、調査時間がかかる状況の人におすすめです。

    ただし、長期間パックを契約したにも関わらず初日で調査成功してしまった場合、余った日数分の費用を返金してもらうことはできません。調査途中でプラン変更をすることも難しいので、契約前にしっかり検討する必要があります。

    成果報酬制

    探偵の成果報酬制には「成果報酬制」と「完全成果報酬制」の2パターンあります。

    成果報酬制 事前に着手金として10万円~の固定金額を支払う。調査が成功すれば調査費用が発生する。
    完全成果報酬制 着手金を支払う必要がない。調査が成功したときのみ報酬が発生する。

    成果報酬制は依頼者にとってメリットが大きいプランに感じますが、探偵にとってはリスクが高い料金制度であるため、調査が成功した時の報酬が高く設定されている場合が多いです。目先の安さにとらわれて選択すると、最終的に高額な費用を請求されて驚くことがあります。

    また、調査失敗したら報酬が得られないため、悪質な探偵だと不十分な成果でも「調査成功」とされてしまう場合があるので注意が必要です。調査内容の事前審査があることも多いので、成果報酬制を検討している際は慎重に探偵を選ぶようにしましょう

    安く不倫調査を依頼する方法

    探偵の調査費用は、調査時間が長ければ長くなるほど高額になります。そのため、短時間でも調査が完了するように、ある程度自分で調べておくことが大切です。

    配偶者のPCやスマホを見て、不倫相手と会う日時や場所が分かれば、数時間の調査で完了します。自家用車にGPS端末を仕掛けておけば、少人数の探偵で調査することが可能です。自宅を盗聴していれば、不倫相手との電話内容が録音できるかもしれません。

    情報が多ければ多いほど、探偵が調査に要する時間は短くなります。できるだけ安く調査を依頼したいなら、可能な限り自分で調べてみると良いでしょう。

    離婚目的の探偵調査まとめ

    探偵の調査結果は、第三者から見て「不貞行為があった」と分かる明確な証拠であれば、証拠資料として調停や裁判で使用できます。うまくいけば、配偶者と不倫相手の両方から慰謝料を受け取れるでしょう。状況によっては、調査費の一部を損害賠償請求できることもあります。

    探偵の不倫調査は、10万円~100万円程度が相場。安くはない金額ですが、料金制度等をうまく活用することでお得に調査依頼することは可能です。探偵各社では事前の無料相談を実施していますので、1人で悩まず気軽に相談してみてください。