探偵ブログ

結婚調査の費用相場|調査方法・内容や探偵の選び方の解説

探偵の結婚調査とは、結婚前に恋人や婚約者の素性や交友関係、育った家庭環境や資産状況を知るための調査です。結婚調査をしておけば、結婚して後悔するリスクを下げられます。

では、結婚調査を依頼する料金はいくらかかるでしょうか?また、結婚調査で何をどこまで調べられるのか気になりますよね。

当記事では、探偵による結婚調査の料金相場や調査方法、調べられる範囲について解説します。結婚調査の利用を迷っている人は、最後まで読んで参考にしてみてください!

探偵の結婚調査費用

結婚調査の料金相場:20万円~100万円

探偵の調査費用は「調査時間」や「調査に関わる探偵の人数」から算出されます。

短期間で終わる簡単な調査20万円~30万円
長期間かかる難しい調査50万円~100万円

「婚約者の交友関係を知りたい」「仕事について嘘をついていないか知りたい」など、短期間で終わる調査なら少額で依頼可能です。しかし「育った家庭環境」「両親の職業」「幼いころの交友関係」など……生い立ちから現在までを詳細に調べたい場合は、高額になる傾向にあります。

また、調査に必要な交通費やガソリン代、宿泊費や食費は全て依頼者負担です。調査範囲が広いと、その分諸経費が加算されるので高額になります。

探偵に結婚調査を依頼するメリット・デメリット

デートのときは完璧に取り繕っている人でも、探偵が調べれば本性を暴けます。結婚後に本当の性格を知って後悔するリスクを下げるために、とても有効な手段です。

結婚前のカップルにおいてメリットが多い結婚調査ですが、デメリットもあります。ここでは、結婚調査のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

探偵に結婚調査を依頼するメリット

探偵に結婚調査を依頼する最大のメリットは、結婚を決める前に相手がどのような人か分かること。本当の性格や職業、交友関係など……相手の本性が結婚前に分かっていれば安心です。

中には、自分の職業や性格を偽っている場合も多くあります。既婚者や子持ち、バツイチであることを隠して交際している場合もあるのです。

また、ギャンブル好きや浮気性、暴力的な性格など、相手の問題点も事前に分かります。結婚してからの後悔が防げるので、プロポーズされて結婚に迷っている人は結婚調査を活用することがおすすめです。

探偵に結婚調査を依頼するデメリット

結婚調査のデメリットは、お金がかかること。結婚前はできるだけ貯蓄しておくのが望ましい状況。結婚前に20万円~100万円かかる結婚調査は気軽にできることではありません。

結婚式費用や結婚後の住居など……結婚前後は、何かとお金がかかります。妊娠や出産、親の介護や自分の老後費用まで、長期的な資金計画を立てる必要があるのです。そのため、予算に余裕がない人が結婚調査を依頼することは、現実的に難しいでしょう。

また、結婚調査で相手の本性が分かったとしても、結婚後の生活が必ずしもうまくいくという保証はありません。結婚後や子供ができたあとに性格が変わる人もいるので、結婚調査をしてから結婚しても離婚に至るケースあります。

探偵による結婚調査の方法

探偵が調査すれば、婚約者の交友関係や素行、資産状況などが分かります。本当の性格や家族のことまで詳細に調べられるので、結婚前のカップルにおすすめの調査です。

では、探偵はどのように結婚調査を行うのでしょうか。ここでは、探偵による結婚調査の方法について見ていきましょう。

探偵調査の流れを解説!探偵に依頼するメリットとは? パートナーの不倫は、一緒に暮らしていれば勘づいてしまうもの。しかし、決定的な証拠がなければ不倫を認めないかもしれません。 不倫を...

尾行

尾行調査は、探偵の基本的な調査方法です。相手の自宅や職場などから、徒歩や車、バイクなどを使って尾行を開始します。

インターネットやSNSでは知ることができない、本当の行動や人柄を知るために有効です。尾行することで、以下のようなことが分かります。

尾行調査によって、他の異性と浮気をしていたり、既婚者だったりすることが分かるケースもあります。仕事・経歴に関する嘘やギャンブルなどの悪癖、借金があるかどうか分かるので、非常に重要な調査です。

張り込み

探偵は尾行と同時に、張り込みも行うのが基本です。ターゲットから少し離れた場所に張り込み、行動をチェックしていきます。

張り込む場所は事前の現地調査を行い、最適な場所を確保していることがほとんど。ターゲットや周囲の人に気付かれたり、不審者扱いされることはありません。

張り込みにより、私生活の様子や交友関係が明らかになります。残業や出張が多いと言われているが本当なのか、飲み会は本当に同僚や同性の友達と行っているのかなど……さまざまな行動をチェックできるのが張り込み調査です。

聞き込み

ターゲットの自宅や実家の周辺、行きつけの店などに潜入し、聞き込み調査を行います。探偵の結婚調査は、身分を隠して間接的に情報を引き出すのが基本です。

聞き込み調査では、尾行や張り込みだけでは調査しきれない「普段の素行」「過去の情報」「育った家庭環境」などを聞き出します。しかし、結婚調査していることがターゲットにバレやすくなるので、探偵の技量が試される調査方法です。

近年では個人情報やプライバシーに関する意識が高まっているので、聞き込み調査が難しくなっています。しかし、探偵であれば身なりや話術で巧みに聞き込みを行うため、ターゲットにバレることなく多くの情報が得られるのです。

探偵の結婚調査で分かること

結婚調査を依頼すると、どこまで分かるのでしょうか。気になる年収や資産状況、育った家庭環境など……自分では調べにくいところまで分かったらいいですよね。

では、探偵の結婚調査で分かることについて解説します。結婚調査を利用するかどうか迷っている人は、参考にしてみてください。

婚約者の性格や人柄

恋人や婚約者の前では、自分を良く見せるために取り繕っている人がほとんどです。しかし、結婚すると恋人の時には見えなかった本性が見えてきます。

優しい人だと思っていたのに本当は怒りっぽかったり、誠実な人だと思っていたら本当は浮気性だったり……結婚してから本性を知って、後悔するのはよくあること。結婚や出産後に後悔しても、簡単に離婚できません。辛い想いを抱えながら、毎日を生きなければならないのです。

結婚調査をしておけば本性が分かるので、「思っていた人と違った」「こんなはずじゃなかった」と後悔するリスクを下げられます。結婚前に相手の本性を知れば、結婚相手としてふさわしい相手かどうか、適切な判断をすることが可能です。

婚約者の経歴・仕事

恋人や婚約者に見栄を張るために、嘘の経歴や職場を言っているかもしれません。結婚調査をすれば、本当の経歴や仕事状況が分かります

一流大学卒業、大手企業の社員と言っていても、卒業証書や名刺などを見せてくれなければ本当かどうか分かりません。本当は大学中退だったり、大手企業の子会社や派遣だったというケースも考えられるでしょう。

また、過去に水商売や風俗店で働いていたかどうかも分かります。結婚後に知って後悔しても遅いので、結婚前に本当のことを知っておくことが大切です。

婚約者の出生・家庭環境

婚約者が生まれた時から現在に至るまでの家庭環境や経歴、交友関係を調べます。家族との関係や経済状況、実家の資産状況など……自分では調べられないところまで、結婚前に知ることができるのです。

ただし、差別に関わる調査や情報の開示は「探偵業法」により禁止されています。いわゆる「部落出身者」「在日外国人」など、差別につながる出生調査は法律で禁じられているためできません。

婚約者の交友関係

婚約者の友達や同僚など、交友関係が分かります。本人が誠実な人物だったとしても、素行が悪い友達との付き合いがあると、トラブルに巻き込まれかねません。

また、交友関係の状況によって本性が見えてくる場合もあります。複数の異性と派手な交友があったり、ギャンブルや夜遊び好きな友達が多かったり……交友関係を調べることで、見えなかった問題点が浮き彫りになることも多くあるのです。

また、会社内での様子や評判も調査できます。上司や同僚とトラブルを起こさず、真面目に仕事をしているかどうかが分かるので、調べておけば結婚後の生活が安心です。

婚約者の家族や先祖

婚約者の両親や兄弟、先祖について調査できます。家族の仕事や経済状況、借金があるかどうかなどが調査可能です。

婚約者本人に問題がなくても、結婚後は相手方の家族とトラブルになるかもしれません。家族や親戚のことは結婚前だと詳しく分からない部分なので、事前に調べておくと安心です。

ただし、探偵は「部落出身者か」「在日外国人か」など差別につながる調査は禁じられています。家族や先祖についての調査は、勤務先や資産状況、周囲からの評判を調べることがメインです。

婚約者の資産状況

探偵は、婚約者のおおまかな資産状況について調べることが可能です。

詳しい年収を調べることはできませんが、公開されているデータや聞き込み調査によって大まかな年収を割り出します。

不動産の所有状況については、登記簿の確認によって調査可能です。土地や家屋の資産価値についても調査できます。

車やバイク、船舶などの所有状況や市場価値も調べることで、資産状況を把握することが可能です。ただし、貯金や有価証券などは調べられません。

実家が資産家の場合、遺産相続額を推定することも可能です。退職金や年金の推定額まで調べられるので、老後の生活までイメージしやすくなります。

婚約者の思想・宗教

思想や宗教の違いは、夫婦関係において深い溝を作り出します。政治的観念や宗教団体に入信しているかどうかなど、結婚前に知っておくことは非常に大切です。

宗教は家族ぐるみで入信している場合が多く、婚約者や周囲には隠していることも多くあります。結婚前はそれほど気にならなくても、一緒に暮らしていると考え方が合わず離婚に発展することもあるのです。

逆に、政治や宗教の考え方や価値観が近いと、夫婦関係はうまくいきやすくなります。結婚前に調べておくべき重要な項目です。

結婚調査を依頼する探偵の選び方

探偵事務所を選ぶ際、まずは適正に運営されていることを確認しなければなりません。探偵事務所の中には悪徳業者や違法業者が紛れており、詐欺や脅迫などの被害に遭う可能性があるからです。

安さやホームページの雰囲気だけにとらわれず、適正に運営されている探偵事務所かどうかチェックしましょう。「探偵業届出証明書」「行政処分の有無」を確認することで、違法業者かどうか判断できます。

詳しい調べ方は、こちらの記事をご覧ください。

探偵業届出証明書とは?届出の必要性や届出証明書番号の検索方法 探偵業を開業するとき、各都道府県の警察署を経由して公安委員会に「探偵業の開始届出」の義務が法律で定められています。探偵業の届出を提出す...

また、調査を成功させるためには探偵との相性も非常に重要です。面談をする際は調査プランや見積金額だけでなく、対応の良さや雰囲気もしっかり見極めましょう

探偵事務所の選び方については、以下の記事で詳しく紹介しています。当記事と合わせてチェックしてみてください!

探偵事務所の選び方ガイド|優良探偵を見つける5つのポイント 「浮気されてるかも」「浮気を理由に離婚したい」と考えているなら、探偵の利用がおすすめ。しかしあまり利用することがないので、探偵事務所を...

探偵の結婚調査まとめ

探偵に結婚調査を依頼すれば、婚約者の本性や資産状況、家族の状況などが分かります。結婚後の生活がうまくいくかどうか判断しやすくなるので、結婚に迷っているなら利用を検討してください。

調査費用の相場は20万円~100万円です。結婚前に使う費用としては大きな額ですが、これから長い人生を決めるための価値ある出費になります。

誠実そうな人に見ても浮気性だったり、リッチそうな人が借金を抱えていたり……結婚後に本性が分かって、後悔することは少なくありません。幸せな将来を掴むために、結婚調査の利用を検討してみてください!

https://fortgreenefocus.com/detective-office/1388/