探偵ブログ

LINEを使った浮気調査の裏技とは?LINE以外の調査方法も伝授

浮気常習者は、LINEの機能をフル活用して浮気を隠蔽します。普通にLINEをチェックしただけでは、浮気しているかどうか見抜けない可能性が高いです。

そこで今回は、LINEで浮気調査するときの裏技や、スマホでできる浮気調査の裏側を紹介します。スマホで浮気が見つけられなかったときのために、探偵による浮気調査についても紹介していくので、最後までしっかり読んで参考にしてみてください。

LINEで浮気を見つける裏技5選

浮気をしている人は、あらゆる手段を使って浮気相手とのトークを隠します。一般的に知られている調査方法では、浮気の証拠を見つけられないでしょう。

では、LINEで浮気の証拠を確実に見つける裏技を紹介します。

友だちとのトークを見る

浮気相手とのトークは、削除や非表示などで対策を取られている可能性が高いです。トーク一覧で浮気相手の名前を見つけられなかったら、友達とのトークを見てみましょう。

仲が良い友達なら、浮気相手のことを話していたり、浮気相手との写真を送信したりしている場合があります。浮気相手とのトークを見るよりも、よりリアルなパートナーの気持ちが分かるかもしれません。

また、表示名を友だちの名前に変更しているだけで、本当は浮気相手とのトークということも考えられます。同性の友達の名前でも油断せず、しっかりチェックしておきましょう。

スタンプの購入履歴をチェック

浮気している人が隠蔽工作をする際、意外と盲点になるのがスタンプの購入履歴です。かわいいスタンプをプレゼントしたり、浮気相手の名前のスタンプを購入したりしているのが発見できます。

トークは隠しても、スタンプの購入履歴までは見られないと思っている人が多いので、意外と浮気を見つけやすい方法です。スタンプの購入履歴やプレゼント履歴は、ホーム画面の「設定」から「スタンプ」を開き、「購入履歴」や「プレゼントボックス」で確認できます。

トーク転送機能を使う

浮気相手と思われるトークルームを特定できたら、「トーク転送」機能を使いましょう。自分のメールにトーク内容をテキストで送信できるので、後でじっくりトーク内容を確認できます。トーク転送機能の使い方は、以下の通りです。

  1. トーク画面の右上からメニューを開く
  2. 「その他」をタップ
  3. 「トーク履歴を送信」をタップ
  4. メールを選択し、自分あてに送信
  5. メールの送信履歴を削除

パートナーの警戒心が強く、ゆっくりLINEをチェックしている時間がない人におすすめの方法です。画像などは見られませんが、素早く転送→削除すれば「何を話しているのか」「どこでデートしているのか」などがじっくりチェックできます。

操作方法はAndroidとiPhoneでほとんど変わらないので、まずは自分のLINEで素早くトーク履歴を送信できるように練習しておきましょう。

PhoneRescueでトーク履歴を復元する

削除されたトークは、PhoneRescueというソフトを使って復元できます。パソコンを使った作業が必要になり、時間がかかるのであまりおすすめできませんが、どうしても復元したいという人はこれから紹介する方法を試してみてください。

  1. PCにPhoneRescueをインストールする
  2. PCとスマホをつなげる
  3. iOSデバイスからリカバリーを選択(iPhoneのみ)
  4. ホーム画面から「LINE」を選択して「次へ」または「OK」をクリック
  5. 復元したいLINEのトーク履歴を選択
  6. 「PCへ復元」を選択して復元完了

PhoneRescueは無料版と有料版があり、LINEのデータを完全に復元するには有料版のライセンスを購入する必要があります。無料版では、プレビューの表示しかできません。無料版で復元できるか試し、復元できることを確認してから有料版を購入するのがおすすめです。

バックアップなしでもLINEのトーク履歴を復元できるので、どうしても復元してみたい人は試してみてください。ただし、浮気の証拠を掴んで離婚や慰謝料請求を考えている場合、LINEのトーク履歴だけでは証拠として認められないので、よく考えてから実行するようにしましょう。

裏アカウントを調べる

現在、LINEは1台のスマホに1アカウントしか作成できません。しかし、以前はFacebookのアカウントを利用して複数のアカウントを作ることができたので、以前作ったアカウントで浮気相手とLINEのやりとりしているかもしれません。

裏アカウントを持っているか確認するにあたり、まずは「平行世界(Parallel Space)」というアプリがインストールされていないか確認してみましょう。「平行世界(Parallel Space)」はデバイス上に仮想的なホーム画面を複製し、1つのデバイスで複数のアカウントを併用できるようにするアプリです。

「平行世界(Parallel Space)」を開いたらLINEの裏アカウントが表示されます。LINEや他のアプリの裏アカウントもチェックすれば、浮気の証拠が出てくるかもしれません。

また、企業の宣伝向けに「LINE@」というアプリがあります。「LINE@」なら簡単に裏アカウントが作成できるので、浮気常習者に利用されやすいアプリです。LINEだけでなく「LINE@」もチェックしてみてください。

LINE以外!スマホで浮気を見つける裏技5選

浮気に慣れている人は、そもそも浮気相手との連絡でLINEを使っていない可能性が高いです。スマホの機能やアプリを駆使して、巧妙に浮気を隠しているかもしれません。

LINEばかりが気になりがちですが、LINEにばかりとらわれず、他の方法で浮気調査をしてみましょう。では、スマホでできる浮気調査の裏技を紹介します。

隠しアプリを見つける

マッチングアプリやLINE以外のトークアプリなど、見られたくないアプリはホーム画面から隠しているかもしれません。隠しアプリの表示方法を表示するので、試してみてください。

【iPhone】スクリーンタイムを利用する

iPhoneはすべてのアプリがホーム画面に表示されると思われがちですが、実は見られたくないアプリは「スクリーンタイム」を使って隠すことができます。

  1. 「設定」を開く
  2. 「スクリーンタイム」を開く
  3. 「コンテンツとプライバシーの制限」を開く
  4. 「コンテンツ制限」を開く
  5. 「App」を開く
  6. 「4歳以上」「9歳以上」などの項目があるので、現在どれが選択されているか確認する
  7. 「すべてのAppを許可」を選択し、ホームに戻る
  8. 隠しアプリをチェック
  9. 見終わったら元の制限に戻しておく

スクリーンタイムからコンテンツ制限を操作すると、通知設定が変わってしまうので要注意。普段からアプリを隠しているのであれば気付かれる可能性は低いですが、通知設定が変わったといわれても知らないふりを貫いてください。

【iPhone】アプリフォルダをチェック

スクリーンタイムよりも手軽にアプリを隠せるのが、アプリをまとめられる「フォルダ」です。フォルダに入っていてもアプリはホーム画面に小さく表示されますが、2ページ目以降のアプリなら表示されません。

アプリが入っているフォルダを開き、表示されたをスワイプして2ページ目以降のアプリをチェックしてみてください。隠されたアプリを開けば、浮気の証拠が掴めるかもしれません。

【Android】ホーム画面から削除してるだけ

Androidの場合、ホーム画面からアプリを削除してもアイコンが消えるだけで、アプリ自体は消えません。アプリ一覧には、ホーム画面から削除されているアプリも表示されています。

  • ホーム画面を下から上へスワイプ
  • 「アプリ」というアイコンをタップ
  • 機種によって操作方法は異なりますが、アプリ一覧を見るには上記の方法を試してみてください。マッチングアプリやトークアプリなど、怪しいアプリを探してみましょう。

    【Android】非表示アプリを表示させる

    警戒心が強い人なら、アプリ一覧からも見えないように「非表示設定」を利用しているかもしれません。以下の手順で、非表示アプリをチェックしてみてください。

    1. アプリ一覧を表示させる
    2. 右上のメニューボタンをタップ
    3. 「非表示のアプリ」をタップ

    設定画面は、ホーム画面の空欄を長押しすることで表示される場合があります。機種によって操作方法が異なるので、焦らず操作するようにしてください。

    LINE以外のSNSも徹底調査

    浮気常習者は、LINEチェックのリスクを回避するために、LINE以外のアプリで浮気相手と連絡を取っているかもしれません。LINEを見ても浮気相手とのやりとりが出てこなかったら、以下のアプリを探してみてください。

  • カカオトーク
  • Viber
  • WhatsApp
  • Couples
  • Skype
  • Hangout
  • Chatwork
  • Slack
  • 見たことないシンプルなアイコンだったり、主にビジネスで使われるようなアプリだったりしても、浮気で使われていることがあります。LINE以外のアプリもしっかりチェックして、確実に浮気を見抜きましょう。

    「秘密の電卓」アプリを探す

    浮気常習者によく使われるのが「秘密の電卓」というアプリ。電卓のアイコンで、電卓として普通に使用できるので、本当に電卓アプリにしか見えません。

    しかし、予め設定された暗証番号を入力すると、隠された写真や動画が出てきます。ただし、ダミーのページをつくることもできるので、暗証番号で解除できたとしても浮気相手の写真までたどり着けないかもしれません。

    AndroidとiPhoneで使えるアプリなので、電卓アプリが複数あるかどうか探してみてください。「秘密の電卓」をインストールしている時点で、浮気常習者である可能性は非常に高いです。

    【真の裏技】探偵の浮気調査を利用する

    LINEやスマホを調べても浮気の証拠が出てこないなら、探偵に依頼するのがベスト。探偵は「尾行・張り込み・聞き込み」で確実に浮気の証拠を写真や映像に押さえます。

    ノーリスクで確実に浮気の証拠を押さえたいなら、探偵を雇うことを視野に入れてみてください。では、探偵の浮気調査がおすすめな理由について紹介していきます。

    バレずに確実な調査ができる

    探偵は複数人でターゲットを追跡し、確実に浮気の証拠を掴みます。警戒心が強い相手でも、ほぼ確実に気付かれることなく調査ができるのです。

    LINEやスマホを見たのがバレれば、逆上して暴力を振るったり、訴えられたりするかもしれません。浮気の証拠を掴むためには、探偵に調査を依頼するのが最も安全な方法です。

    調査費用は10万円~100万円が相場

    探偵による浮気調査の費用は、1日10万円~20万円が相場です。LINEなどを見て浮気相手とデートする日時が確実に分かるなら、最低限の費用で浮気の証拠が掴めます。

    浮気相手とデートする日が特定できなくても、探偵が3~5日間調査すればほぼ確実に浮気の証拠が押さえられるといわれています。3~5日間の調査を依頼すると50万円~70万円が相場で、高くても100万円前後で収まるケースが多いです。

    調査費用は高いように感じますが、実は「バレたら暴力を振るわれる」「完全に隠蔽している」という状況なら、損害賠償で調査費用を取り戻せる可能性があります。不貞行為の確実な証拠があれば、パートナーと浮気相手から合計300万円~500万円程度の慰謝料を受け取ることもできるので、離婚する意思があるなら探偵を雇うのがおすすめです。

    LINEを使った浮気調査の裏技まとめ

    浮気常習者は、驚くほど巧妙に浮気を隠しています。LINEを見ただけでは、浮気の証拠が掴めない可能性が高いです。

    浮気相手とのトークを探すだけでなく、スタンプ購入履歴や裏アカウントなども調べて、確実に浮気の証拠を掴みましょう。LINEだけにとらわれず、隠しアプリを見つけたり、LINE以外のトークアプリを調べたりすることで、浮気の証拠が出てくるかもしれません。

    それでも浮気の証拠が見つからなかったら、探偵の浮気調査を利用するのがおすすめです。LINEの履歴だけでは、裁判で浮気の証拠として認められません。浮気を理由に離婚する意思があるなら、探偵に調査を依頼して「不貞行為の証拠」を確実に掴みましょう。