浮気調査

LINEで浮気調査する方法と注意点!浮気発覚後の対処法も

「恋人に浮気されてるかも……」と不安に思ったとき、スマホを覗いてLINEを調べたくなりますよね。しかし、トーク履歴は簡単に隠せるので、普通に調べただけでは浮気を見つけられないかもしれません。

今回は、LINEで浮気を確実に見つける方法や注意点を紹介します。また、浮気を見つけてしまったときの対処法も解説していくので、最後まで読んで参考にしてみてください。

LINEで浮気を調べる方法

若い人から中高年層まで、ほとんどの人がLINEを使用しています。簡単に名前が変えられたり、非表示機能が充実していたりするので、実は浮気するときに便利なアプリなのです。

一見すると浮気相手とのトークはないように見えても、トークを削除や非表示にしている場合があるので油断できません。では、確実にLINEで浮気を見つけるための方法を紹介していきます。

個別通知オフのトークを見る

恋人がお風呂に入っているときや寝ているとき……限られた時間でLINEを見るなら、まずは個別通知がオフになっているトークを優先的にチェックしましょう。名前の横に「斜線が入ったスピーカーマーク」があるトークを探してみてください。

友達からのLINEは通知になっているのに、個別通知オフになっているトークがあるなら、人に見られたらまずい会話がある証拠。一覧からすぐに見つけ出すことができますし、表示名を変えていてもすぐに浮気相手を見つけ出すことができます。

非表示リストを確認する

浮気相手とのトークを隠すために、よく使われるのが「非表示設定」です。ホーム画面の「設定」から「友達」をタップし、少し下の方にある「非表示リスト」を見ると非表示になっている友だち一覧が表示されます。

非表示の中から怪しい友だちを見つけたら「編集」をタップして再表示させ、トーク履歴をチェックしてみてください。直近でトークのやりとりがあるにも関わらず非表示にしている場合は、浮気相手である可能性が高いです。

浮気の証拠となるトークや写真が出てきたら、自分のスマホのカメラで証拠画面を撮影しておきましょう。確認後はLINEを見たことがバレないように、必ず非表示設定に戻しておくことが大切です。

同性名のトークもチェック

LINEは相手の表示名を簡単に変えられるので、浮気相手の名前を同性の名前に変えていることがあります。同性の友だちのように見えても、個別通知がオフになっていたり、頻繁にやりとりしたりしている場合はチェックしてみてください。

また、相手が本当に同性の友達だったとしても、浮気相手について話しているかもしれません。仲の良い友達なら浮気相手との写真を送っている場合もあるので、写真一覧やアルバムも確認しましょう。

PC版LINEを見てみる

恋人がPCにもLINEを導入しているのであれば、PC版のLINEもチェックしてみてください。スマホで削除したトークがPC版LINEに残っている可能性があるため、浮気相手とのトークを発見できるかもしれません。

ただし、恋人のアカウント情報を不正に入手して自分のPCで勝手にログインすると、恋人のスマホにログイン通知が入るので確実にバレてしまいます。「不正アクセス禁止法」に抵触し、訴えられたら「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」の刑罰が科せられるので、不正ログインは絶対にやめましょう。

【自己責任】監視アプリを使用する

どうしても恋人のLINEを監視したいなら、相手のスマホに監視アプリを入れてみてください。LINEを見ることができる監視アプリは「Spyzie」「mSpy」などがあります。

相手にバレないようにインストールすれば、遠隔でLINEを監視できるので確実に浮気を暴けます。LINE監視だけでなくGPS情報の追跡なども行えるので、「残業」「飲み会」と言い訳して浮気相手とホテルに行っている行動履歴まで掴めるかもしれません。

しかし、恋人に許可なく監視アプリをインストールするのは「不正指令電磁的記録供用罪」に抵触する犯罪行為です。訴えられれば「2年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科せられるため、罪を自覚し自己責任のもとで行いましょう。

LINEで浮気を調べるときの注意点

どれだけ絆が深い恋人同士や夫婦間であっても、個人情報が詰まったスマホやLINEを盗み見るのは基本的にルール違反です。LINEを見たことがバレて関係が悪化したり、最悪の場合訴えられたりすることもあります。

訴えられて逮捕されたら「知らなかった」では済まされません。では、恋人のLINEで浮気調査する際に気を付けるべきポイントを見ていきましょう。

別端末でログインすると通知でバレる

恋人のLINEのIDやパスワードを使って別端末でログインすると、スマホにログイン通知が送られてしまいます。近年では乗っ取り行為が横行しているので、警戒心が強い相手なら通報されてしまうかもしれません。

普段から浮気を疑っていたり、勘が鋭かったりすると、勝手にLINEを見たことがバレてしまう場合があります。LINE Payを使っているなら、財布を盗まれたも同然です。不正にアクセスしたことがバレたら、関係性が悪化することは避けられないでしょう。

恋人のスマホからログイン通知を即座に削除したとしても、自宅や会社のPCにログイン通知が残っている可能性もあります。そもそも「不正アクセス禁止法」に抵触し、逮捕されたら懲役や罰金刑が科せられる行為なので、別端末でのログインはやめておくことが賢明です。

パスコードを2回間違えたら諦める

スマホのパスコードは、3回間違えるとしばらく使えなくなってしまうことが多いです。そのため、パスコードを2回まで試して分からないならLINEチェックするのは諦めましょう。

LINEのパスコードロックは、何度間違えてもペナルティはありません。しかし、いつ仕様が変更されるか分からないですし、浮気調査していることがバレたら嫌悪感を持たれてしまうかもしれません。

そもそも、スマホのロックはほとんどの人がかけていますが、LINEまでロックをかけているなら浮気をしている可能性はかなり高いです。ブラウザの閲覧履歴やTwitter等のDMなども確認して、LINE以外からも浮気の証拠が出ないかどうか調べてみてください。

関係ないトークを削除しない

ログイン通知を削除しようとして、焦って関係ないトークまで削除してしまうことがあります。浮気相手とのトークを発見してパニックになり、手が震えて他のトークを削除してしまうこともあるでしょう。

間違えて削除したトークが仕事上の重要な内容だったら、取り返しがつきません。友達との複数人トークを削除すれば「退会しました」と通知されてしまいます。

直近でバックアップを取っていれば復元できますが、バックアップが取れていなければ復元は不可能です。LINEを見たことやトークを削除したことがバレたら、浮気をしていなくても関係性が悪化してしまう可能性が高いので、急いでいても慎重に操作してください。

違法行為で訴えられる可能性がある

恋人や夫婦間であっても、スマホやLINEを勝手に見ることは違法行為にあたり、訴えられたら逮捕されます。浮気された上に、訴えられて逮捕されたら最悪なので、しっかり知識を持っておきましょう。

恋人のLINEのIDやパスワードを解読し、勝手にアカウントにログインした場合は「不正アクセス禁止法」に抵触。逮捕されたら3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

監視アプリやGPS追跡アプリなどを勝手にインストールし、相手の情報を探る行為は「不正指令電磁的記録に関する罪」に対する違反です。2年以下の懲役又は30万円以下の罰金が科せられます。

ロックがかかっているスマホを勝手に解除し、LINEをはじめSNSやメール、通話履歴などを見ること自体が「プライバシー権の侵害」に抵触する行為です。「プライバシー権の侵害」で訴えられたら、3年以下の懲役または50万円以下の罰金」が科せられます。

LINE履歴だけでは離婚裁判で証拠にならない

夫婦が不倫を理由に離婚したいとき、LINEのトーク履歴だけでは不倫の証拠として認められない可能性が高いです。離婚の理由として認められるのは「不貞行為の証拠」であり、不貞行為とは配偶者以外との肉体関係を指します。

そのため、LINEやメールのスクリーンショット、2人でデートしたときの写真だけでは裁判で使えないのです。「離婚裁判で使いたい」「慰謝料請求を有利に進めたい」という場合は、無理にLINEを見ることはおすすめできません。

「不貞行為の証拠」として認められるのは、浮気相手とラブホテル等に出入りする写真や、浮気相手の自宅に複数回滞在している決定的な記録です。裁判や慰謝料請求のために決定的な証拠が必要なら、探偵に浮気調査を依頼しましょう。

LINEで浮気を見つけた時の対処法

LINEを見て、本当に浮気をしていたらショックですよね。取り乱して、その場で恋人を責め立てたくなるのも無理はありません。

しかし、感情的になって騒ぎ立てるのはNG。これから恋人と別れたいのか、浮気を許して関係を修復したいのか……しっかり考えて、後悔しないように対処する必要があります。

では、実際にLINEで浮気を見つけてしまった時の対処法を見ていきましょう。

トーク画面の写真を撮る

浮気相手とのトークを見つけたら、自分のスマホで写真を撮っておきましょう。スクリーンショットを撮って自分に送る方法もありますが、時間や手間がかかりますし、削除してもバレてしまう可能性が高いです。

自分のスマホなら瞬時に操作して、証拠を確実に確保できます。恋人のスマホをチェックするときは、自分のスマホカメラを起動しておきましょう。

ただし、恋人が寝ている間に捜査する場合、シャッター音で起きてしまう場合があるので要注意。シャッター音を消すか、もともとシャッター音が出ないカメラアプリをインストールしておくと安心です。

冷静に対応する

LINEで浮気を見つけてしまったら、怒りや悲しみの感情が抑えられなくなるかもしれません。しかし後悔する選択をしないように、一旦冷静になって対応しましょう。

浮気をきっかけに分かれるのか、許して関係を続けるのか……どうするのが最も最善な方法なのか、時間を置いて考えてみてください。自分1人でどうすればいいか分からなくなったら、友達やカウンセラーに相談してみるのがおすすめです。

感情的になって取り乱しても、後悔しか生まれません。その日は深く考えないように、美味しいものを食べたりお酒を飲んだりして、早めに寝てしまいましょう。

一方的に責めない

恋人の浮気を見つけたからと言って、一方的に責めるのはNG。浮気はルール違反ですが、恋人なりに言い訳があるかもしれません。まずはどうして浮気をしたのか、理由を聞いてみましょう。

また、浮気された自分のことを責めないでください。「自分に魅力がないから」「太ってるから」「料理が下手だから」など、自分を責め始めたらキリがありません。相手や自分を責めれば責めるほど、今まで以上に溝が深まるだけでメリットは1つもないのです。

浮気したこと自体がルール違反なので、恋人にどのようなペナルティを与えるべきかしっかり考えましょう。別れる、高額なプレゼントを要求する、GPS追跡アプリをインストールさせるなど……責める以外の建設的な方法を探ることが大切です。

LINE浮気まとめ

LINEはトーク削除や非表示設定が簡単に行えるので、浮気に使いやすいアプリです。「LINE見せて」と言って見せてもらっても、とっさに隠されてしまうかもしれません。

普通にLINEを見ても浮気の証拠が掴めない場合は、当記事で紹介した調査方法を実践してみてください。注意点を守って調べれば、本当に浮気しているかどうかが分かるかもしれません。

実際に浮気をしている証拠を見つけてしまったら、感情的にならず冷静に対処しましょう。別れるのか、浮気を許して恋人関係を続けたいのか……しっかり考えて、後悔しないような行動を心がけてください。