浮気調査

iPhoneで浮気を暴く!今すぐできる調査方法と監視アプリ5選

「浮気されてるかも」「iPhoneで浮気してるか調べたい」と悩んでいるのではないでしょうか。マッチングアプリで異性と出会ったり、浮気相手と簡単に連絡が取ったりすることが簡単にできるので、iPhoneを使って浮気する人は少なくありません。

肌身離さずiPhoneを持ち歩いていたり、画面を隠すような素振りが増えたりしたら要注意。今回は、iPhoneに特化した浮気調査方法を紹介していきます。

iPhoneで今すぐできる浮気調査方法

実は、iPhoneにもともと備わっている機能で簡単に浮気調査ができます。無理にLINEを復元したり、有料の監視アプリを使用したりしなくても、デフォルトの機能で浮気が見つけられるかもしれません。

では、iPhoneの基本機能で浮気調査をする方法を見ていきましょう。

「iPhoneを探す」で位置情報を調べる

iPhoneには、紛失や盗難したときに役立つ「iPhoneを探す」という機能が搭載されています。iPhoneの現在位置が検索できるので、GPS追跡を使って浮気調査ができるのです。

「iPhoneを探す」で浮気調査をする流れは、以下の通りです。

  1. 自分のPCやスマホとパートナーのiPhoneを準備する
  2. パートナーのApple IDとパスワードを聞き出す
  3. パートナーのiPhoneの「設定」からユーザ名を選択
  4. 下の方にある「探す」をタップ
  5. 「iPhoneを探す」と「位置情報を共有」をオンにする
  6. 自分のPCやスマホでパートナーのiCloudにログインする
  7. パートナーのiPhoneに送られた確認コードを入力
  8. パートナーのスマホからサインイン通知のメールを削除
  9. 「iPhoneを探す」を選択して居場所を特定する

「iPhoneを探す」で浮気調査をするにあたり、必要になるのがApple IDとパスワード。パートナーのiCloudアカウント情報を本人から聞き出せない場合は、別の方法を試しましょう。無理にログインしようとして、間違ったパスワードを複数回入力すると、ロックがかかってしまいます。

iPhoneとiCloudの設定がうまくいったら、浮気しているか怪しい日に「iPhoneを探す」で位置情報を確認してみてください。「残業」と言っていたのにホテル街にいたり、「出張」と言っていたのに全く関係ない住宅街に滞在していたりするのが分かるかもしれません。

「利用頻度の高い場所」をチェック

iPhoneによる浮気調査で、意外と便利に利用できるのが「利用頻度の高い場所」です。自宅や最寄り駅、職場以外によく利用している場所が分かります。

「利用頻度の高い場所」の使い方は、以下の通りです。

  1. パートナーのiPhoneの「設定」を開く
  2. 「プライバシー」を開く
  3. 「位置情報サービス」を開く
  4. 最下部にある「システムサービス」を開く
  5. 下の方にある「利用頻度の高い場所」を開く
  6. パスコードを入力する
  7. 履歴をタップして利用頻度の高い場所を特定
  8. 「利用頻度の高い場所」を利用する際、touchIDやfaceIDが求められますが、1回間違えるとパスコードが入力できるようになります。パスコードは、スマホを開くときに要求されるものと同じです。間違えないように、焦らず入力してください。

    「利用頻度の高い場所」の履歴を開くと、約50日前までに訪れた日時や回数、滞在時間まで詳細に表示されます。仕事に関係ない場所や、ラブホテルなどが履歴に残っている場合は、浮気を見破れるかもしれません。見つけたら、証拠として自分のスマホで画面の写真を撮っておきましょう。

    「設定」から隠しアプリを調べる

    出会い系アプリや浮気相手と利用しているSNSなど……人に見られたくないアプリは、ホーム画面から隠すことができます。LINEやメールなどで浮気の証拠が見つからなくても、隠しアプリを探すことで浮気を見破れるかもしれません。

    隠しアプリを見つけるには、以下の方法を試してみてください。

    1. パートナーのiPhoneの「設定」を開く
    2. 「スクリーンタイム」を開く
    3. 「コンテンツとプライバシーの制限」を開く
    4. 「コンテンツ制限」を開く
    5. 「App」を開く
    6. 「すべてのAppを許可」を選択する

    この方法により、出会い系アプリやカカオトークなどのSNSが出てくるかもしれません。わざわざ隠しているアプリがあるなら、浮気をしている可能性が非常に高いです。

    また、ホーム画面のフォルダに入っているアプリを確認すると隠しアプリが見つかることもあります。フォルダにアプリを入れると、ホーム画面には9個目までしか見えないので、10個目以降に見られたくないアプリを隠しているかもしれません。「ビジネス」「ライフスタイル」などのフォルダを確認してみましょう。

    インターネットの閲覧履歴を見る

    iPhoneで使っているブラウザの閲覧履歴から、浮気を発見できることがあります。心当たりがないホテルやデートスポット、頻繁に検索している異性の名前がないかどうかチェックしてみましょう。

    Safariなら、画面下部に表示されているツールバーの右から二番目にある、本のようなアイコンをタップします。上の方に出てくる時計のようなアイコンをタップすると閲覧履歴が表示されるので、試してみてください。

    Google Chromeのアプリなら、画面右上絵の「︙」をタップ。メニューバーに「履歴」があるので、開くと閲覧履歴が確認できます。

    近年ではマッチングアプリが主流になっていますが、アプリを使用せずWEBブラウザで出会い系サイトを利用しているかもしれません。特定の相手と浮気をしていなくても、風俗店などを利用している可能性もあるので、怪しい履歴を見逃さないようにしましょう。

    「写真アプリ」の非表示フォルダ

    iPhoneにもともとインストールされている「写真」アプリには、「非表示」というアルバムが存在します。画面下部の分かりにくい場所にあるので、浮気相手との写真を隠しているかもしれません。

    「写真」アプリを開いたら、一番下に表示されているツールバーから「アルバム」をタップします。一番下までスワイプすると、下から2番目に「非表示」という項目があるので開いてみましょう。

    また「最近削除した項目」もチェックしてみてください。削除した写真や動画は30日以内であれば復元可能なので、一時的に浮気相手との写真を削除しているだけの場合も考えられます。

    iPhoneで使える監視アプリ

    iPhoneには、インストールするだけでSNSのやりとりやGPS履歴を遠隔監視できるアプリが存在します。もともとは子供の安全や防災のために開発されたものでも、浮気防止や浮気調査として使えるものが多いです。

    パートナーの許可なく勝手にアプリをインストールするのは違法行為ですが、それでも試してみたいなら自己責任で監視アプリを使用してみてください。では、iPhoneで浮気調査のために使える監視アプリを5つ紹介していきます。

    mSpy

    浮気調査に使えるiPhoneアプリとして、人気があるのが「mSpy」です。app Storeで無料ダウンロードできる「mSpy Lite」とは異なり、「mSpy公式サイト」からプラン契約を結んだ後にダウンロードできます。

    「mSpy」のダウンロード方法、使い方は以下の通りです。

    1. パートナーのApple IDとパスワードを入手する
    2. 設定からiCloudのバックアップを有効化
    3. 「mSpy」の公式サイトでライセンスを購入する
    4. メールで説明書などが届く
    5. パートナーのiPhoneにダウンロードする
    6. 説明書に従って設定する

    「mSpy」は子供や従業員を監視するために開発されたアプリで、利用料金は基本版が月額29.99ドル(約3300円)、プレミアム版が月額69.99ドル(約8700円)です。基本版ではSNSなどの監視ができません。iOSをジェイルブレイク(脱獄)してるiPhoneであればプレミアム版が使用でき、LINEやSkypeなどが監視ができるようになります。

    もし、パートナーのiPhoneがジェイルブレイク(脱獄)されていないなら、基本版を使用しましょう。ジェイルブレイク(脱獄)するとセキュリティ面に問題が生じたり、Appleのサポートが受けられなくなってしまうため、勝手にジェイルブレイク(脱獄)するのはおすすめできません。

    基本版の「mSpy」では、遠隔操作で連絡先や着信履歴の閲覧、メモ、ブラウザの閲覧履歴やインストールされたアプリなどが把握できます。位置情報の取得もできるので、基本版でも浮気調査として十分に活用できるでしょう。

    Life360

    子どもの見守りアプリとして開発された「Life360」。常にiPhoneの位置情報がチェックできるので、浮気調査や浮気防止として役立ちます。

    「Life360」は位置情報に特化したシンプルなアプリなので、「安全のため」「災害時に備えて」と家族全員で導入しやすいアプリです。パートナーの許可を得てインストールさせられるので、違法性もありません。

    パートナーには「常にGPSで監視できる」とは伝えず「災害時に連絡が取り合える」などと言っておけば、警戒心を緩められます。結婚や子供にスマホを持たせるタイミングで、早めに「Life360」をインストールさせておきましょう。

    iPhoneで浮気調査するときの注意点

    iPhoneには多くの個人情報やプライバシーが詰まっているので、夫婦であっても盗み見るのはルール違反。訴えられたら逮捕されたり、離婚裁判で不利になったりする場合があるので注意が必要です。

    では、iPhoneで浮気調査するときの注意点を紹介していきます。知らないうちに違法行為をしてしまい、浮気された上に訴えられるという悲惨な状況にならなないように、しっかり読んで参考にしてみてください。

    監視アプリの無断ダウンロードは「不正指令電磁的記録に関する罪」

    パートナーの許可なく、iPhoneに監視アプリをインストールするのは「不正指令電磁的記録に関する罪」に抵触します。夫婦間であっても、2年以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられる犯罪行為です。

    監視アプリは遠隔操作できるので非常に便利ですが、違法行為であるため勝手にインストールするのはおすすめできません。それでも監視アプリを使いたい場合は、自己責任で行ってください。

    不正なID・パスワードの取得は「不正アクセス禁止法違反」

    夫婦間であっても、他人のアカウント情報を不正に入手してログインすると「不正アクセス禁止法」に抵触します。3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる犯罪行為です。

    iPhoneを使った浮気調査は、Apple IDやパスワードが必要な場合が多数あります。パートナーに教えてもらったなら問題ないですが、ハッキング等で不正にログインするのはやめましょう。

    iPhoneを見ること自体が「プライバシー権の侵害」

    パスコードを解除して配偶者のiPhoneを勝手に見る行為は、刑法上では問題ありませんが、民法上では「プライバシー権の侵害」に抵触します。3年以下の懲役もしくは禁固または50万円以下の罰金が科せられる違法行為です。

    ただし、配偶者の浮気を調べるために見たなら、プライバシー権の侵害で訴えられても損害賠償が認められない可能性が高いです。iPhoneで浮気を調べるなら、ダウンロードされたアプリを見る程度にしておくことで違法行為になるリスクを回避できます。

    iPhoneの浮気調査まとめ

    iPhoneはスタイリッシュで使いやすく、便利で楽しいアプリが多くあるので、現代人にとって手放せないアイテムです。浮気する人にとって便利なアプリがたくさんありますが、浮気調査に特化した機能やアプリも沢山リリースされています。

    「浮気されてるかも」「いつもiPhoneを気にしていて怪しい」と感じたら、当記事で紹介した浮気調査方法を実践してみてください。違法行為で訴えられないように、注意点をしっかり頭に入れておきましょう。

    iPhoneで無理に調査したくなかったり、裁判で使えるような証拠が欲しいなら、探偵に不倫調査を依頼するのがおすすめです。合法の範囲内で確実に不倫しているかどうか調べられるので、予算があるなら探偵による調査も検討してみてください。